12/28/2011

150万匹のメキシコ・オヒキコウモリの飛行 Part 2

1つ前のブログでCongress Bridgeの上からメキシコ・オヒキコウモリを見る方法を書いた。

今回は2番目のCongress Bridgeの下から見る方法だ。Lady Bird Lake(レディーバード・レイク)は湖という名前が付いていながらも、実は川だったりする。

川の両サイドにはトレイルが川と並行に備わっているため、このどこからでもコウモリの飛行を見ることは可能だ。

Congress Bridgeの下からの景色

橋の南東にあるAustin American Statesman新聞会社の駐車場の隣、橋のふもとと川の突き当たったところにちょっとした芝生のエリアがある。ここは橋が太陽を遮るため日陰でコウモリを待つことが可能だ。

ピクニックシートを持って行って、ゆっくり真っ青な空を眺めるもよし、日が暮れ始めるまでトレイルを歩くもよし、あとはちょっと橋の上まで上がってみるのも可能だ。

コウモリはちょうど橋の下から出てくるため、コウモリを下から見るにはいいのだが、写真を撮るにはいまいちのスポットだ。何しろ、景色が入らないので絵にするのが難しい。また、川の側には大きな木があるため、コウモリを見るチャンスは橋の下から出てきたほんの一瞬ということになる。視界もあまりよくない。

そのため、このスポットはアクセスしやすい、日陰が多いというメリットはあるものの、写真を撮るには向いていないスポットだ。そのため、個人的には、手軽に見える場所としては橋の上からが絵になっていいと思う。

次は、川の上から見る方法について書こうと思う。実はこの方法が個人的には一番好きな方法である。カヌーやカヤックをレンタルするという手間やお金はかかるものの、それに値する体験はできると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿