12/27/2011

さまざまな地形、気候、生態系を持つテキサス州 ~ 地形編

テキサス州はアラスカ州に続く大きな州だけあって地形の変化もダイナミックだ。

東から西に車を走らせると、メキシコ湾を囲うようにして位置しているメキシコ湾海岸平野から始まり、内陸低地、緑豊かな丘陵地帯が続き、グレートプレーンズ、そして岩山のある砂漠地帯となる。

ハリケーンの被害を被ったガルベストン
メキシコ湾海岸平野には数多くの松林が生息している。ヒューストン近郊では湿地帯が多く見られる。メキシコ湾に近いため湿度も高めだ。

また、Bayou(バイユー)と呼ばれるゆっくり流れる小川がヒューストン近郊に存在する。ワニが生息しているBrazos Bend State Park(ブラゾスベンド州立公園)もヒューストンの南西に位置している。



緑が豊富なヒルカントリー
さらに西に向かって車を走らせるとHill Country(ヒルカントリー)に入る。名前の通り、丘陵地帯だ。このあたりは緑はもちろんのこと、川や湖もある。

さらには、鍾乳洞がいくつかある。有名なのはオースティンからI-35を30分ほど北に走ったところにあるInner Space Cavern、Inks Lake State Park(インクス・レイク州立公園)近郊にあるLonghorn Cavern、そしてそのほとんどがLive formationとして知られているSonoraという町にあるSonora Cavernが有名である。


グレートプレーンズを見渡せるI-10W

ヒルカントリーを超えると、一面見渡せる草原となる。このあたりはロッキー山脈東部に広がるグレートプレーンズの一部となっている。プレーリーやステップなどがおもに見られ、見渡す限りの大草原だ。

特に見どころもないため、少しすると見あきてしまうものの、冬の時期に茶色になった草原が夕陽に照らされ金色に輝くその景色は見ものだ。また雨が降る夏などは一面緑の草原が果てしなく広がる。

ビッグベンド国立公園に位置する
チソス山脈
大草原はFort Stockton(フォート・ストックトン)あたりまで続き、そこからは岩山が多く見られる砂漠地帯に突入する。コロラド州やワシントン州のような大きな山は存在しないが、標高2000メートルを超える岩山が西部テキサスにも存在する。

グアダルーペマウンテン国立公園のグアダルーペピークは標高8749フィートあり、「テキサスで一番高い場所」として有名だ。また砂漠地帯となる西部テキサスには比較的大規模な砂丘も存在する。

Fort Stocktonから1時間北に走ったところにあるMonahans(モナハンズ)という町のすぐそばに、Monahans Sand Dunes State Park(モナハンズ砂丘州立公園)がある。また、砂漠の峡谷や樹木のある山岳斜面などダイナミックな景色を堪能できるのも西部テキサスである。

パロデュロキャニオン州立公園

少し外れてLubbock(ラボック)やAmarillo(アマリロ)があるPan Handle(パンハンドル)地方は、ただただ平らな草原地帯となっている(パンハンドルと呼ばれる由来はフライパンの柄に形が似ていることから、この名前がついた)。このあたりを走ると、まっすぐな草原地帯の所々に油井採掘機器が多く見られる。

しかしながら、「テキサスのグランドキャニオン」と言われているPalo Duro Canyon State Park(パロデュロキャニオン州立公園)など、なぜこんな場所にキャニオンが?と思えるような立派でカラフルなキャニオンもあったりするのだ。

個人的に、テキサス州は見どころ満載だと思っている。サボテンにカウボーイといった印象を持っている人も多いかもしれない。確かにそれもテキサスの一部ではあるが、実は地形は変化に飛び、アメリカに点在する有名スポットにも引けを取らないくらいダイナミックな景色を提供してくれる州なのである。

「テキサスに何があるの?」

そういった質問に答えていくためにも、私が行った面白い場所を少しずつ紹介していけたらと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿