2/15/2012

Google EarthでGPXファイルを表示してみる

GarminのGPSシリーズでTracking機能をONにすると、歩いた軌跡をロギングすることができる。ある一定の間隔で位置情報を記録し、歩き終えた時点でGPXファイルとして保存することができる。

GPXファイルをPCにダウンロードするにはGarminユニットとPCをUSBケーブルで接続する。このファイルはMapSourceでも表示が可能だがもっと面白い方法がある。

それはGPXファイルをGoogle Earthで開く方法だ。Google Earthを起動してGPXファイルをドラッグすれば表示できる。とても簡単である。

以下はGPXファイルをGoogle Earthにドラッグした直後である。これはグランドキャニオンの国立公園のSouth Kaibab(サウス・カイバブ)トレイルを歩いた時にトレッキングログだ。ズームインやズームアウトができるので細かい部分を見るのにも便利である。

GPXファイルをドラッグした直後に表示される画面

しかし、面白いのはここからだ。画面右側の人のアイコンを適当にドラッグしてみる。するとストリートビューに切り替わる。

ストリートビューに切り替えてみる

あたかも自分がトレイルを歩いているかのように周りの風景まで表示してくれるのだ。もちろん360度の景色が可能である。実際にトレイルがどんな様子か知りたいのであれば、GPXファイルをもらってGoogle Earthで表示すればいいだけの話だ。

「景色がいいよ」と勧められても、実際にどんな景色が見えるのか事前に知りたかったりする場合は、この方法で調べるのが一番手っ取り早いのかもしれない。

Skeleton Point(スケルトンポイント)後のスイッチバックからの景色

さらに、ノースリムのClear Creek(クリア・クリーク)トレイル側からサウス・カイバブ・トレイルがどのように見えるのかもシミュレーションできる。キャニオン内部ではGPSの受信がうまくいかない時があり、ログがキレイにとれていない部分もあるが、橋以外の部分はなかなかいい具合に取れている。

ノースリム側から見たサウス・カイバブ・トレイル

ハイキングですらもバーチャルで体験できるようになったのかと思うと、ちょっとビックリする。個人的にはこういう遊びは好きなので、今まで集めたGPXファイルをGoogle Earthで表示させては楽しんでいる。

0 件のコメント:

コメントを投稿