4/10/2012

Big Bend NP: Grapevine Hillsトレイル

大きな岩の合間を歩いて行くと、トレイルの最後に岩でできたウィンドウがある。大きな写真フレームのようで、そこからチソスマウンテンや荒涼とした荒野が見渡せる。

Balanced Rockと呼ばれるその岩は、同じ名前が付けられているArches National Park(アーチーズ国立公園)のものとは形が違うが、名前の通りバランスを保った岩である。名前だけでなく、トレイルからの景色もアーチーズ国立公園と似ている部分がある。

トレイルヘッドへは、公園中央にあるPanther Junction Visitor Center(パンサージャンクション・ビジターセンター)を西にほんの数百メートル進んだところに、Grapevine Hills Rd(グレープバインヒルズ・ロード)の入り口が右手にある。

道路は未舗装路だが、ならしてあるのでトレイルヘッドまではセダンでも問題なく通過できるようになっている。ただし、雨が降った場合などは条件が異なるので、この道に入る前にビジターセンターで情報を入手したほうがいい。

道路沿いにはロードサイド・バックカントリーキャンプサイトがいくつかある。バックミラーを見るとチソスマウンテンがどっしりと構え、前方には大きな岩が見えてくる。6マイル弱走ると、右側に小さな駐車スペースとトレイルの看板があるので、そこに駐車する。

トレイルヘッド
このトレイルは往復2マイル、標高差は240フィートとほぼ平らで歩きやすい。トレイルの最後、バランスロックが近くなるとちょっとした登りになる。

距離も標高差もないトレイルであっても、死者が一人出ているトレイルだ。今はトレイルの看板が立てられているので迷子になることはないが、真夏にこのトレイルを歩いたハイカーは駐車場を通過し、砂漠の中をさまよって亡くなってしまったらしい。いくら短いトレイルといえど十分な水は持参したいものである。

トレイルは岩がゴロゴロしている小高い丘の間に伸びているドライウォッシュを歩く。駐車場付近ではドライウォッシュを出たり入ったりするので、看板に注意して歩きたい。交通量は比較的多く、足あとがいっぱいあるので、心配なところは足あとに続いて歩けば問題なさそうだ。

ちょっとした丘の谷間を歩いて行くが、途中には巨大な崖崩れでもあったかのような風景が広がる。トレイルの最後に差し掛かると、"Balanced Rock"と書かれた小さな看板が建っている。

看板はケルン替わりになっていて、目のつく所にわかりやすく設置されているので迷うことはない。ゴロゴロした大きめの岩の間を歩いて行くと、最後にBalanced Rockがどっしりと構えている。

この時は夕日に染まるBalanced Rockを撮影するために来たのだけど、どうやら遅かったようだ。周りはちょっとした丘になっているのもあり、すでに太陽は丘のむこうに沈んだ後だった。もう少し早ければオレンジ色の岩が見えたのかもしれない。

しかしながら、この岩がフレームのようになっていて、その岩の先には夕日に染まったオレンジ色に輝く荒野が広がっていた。

トレイルの最後にあるBalanced Rock
短いトレイルで誰でも楽しむことができるため交通量も比較的多い。オススメはやはり朝か夕方だろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿