4/28/2012

グランドキャニオンでバックパッキング~ブライトエンジェルトレイル編①

グランドキャニオンを訪問する人の99%はリムでの滞在らしい。

確かに「グランドキャニオン」と聞くと、夕暮れに照らされた果てしなく広がる岩壁を思い浮かべる人が多いと思う。

グランドキャニオンに行き、リムに立つと所々にトレイルが見える。そのトレイルを見るたびにコロラド川まで下ってみたいといつも思っていた。

2010年の夏、友だちと二人で初のバックパッキングを計画した。

インディアンガーデン

グランドキャニオンの峡谷内でキャンプ泊する場合は、必ずバックカントリー許可証が必要となる。訪問月の4ヶ月前からFAXもしくは郵送で申請する。オンラインやメールではできないので要注意。個人的にはFAXが一番便利だと思う。


バックカントリー許可証の申請方法(2012年4月)

まずは、グランドキャニオンのBackcountry Permitのサイトにアクセスする。ここに必要な情報がすべて載っている。

次に、いつどこから出発し、どこに滞在し、どこへ戻ってくるのかを計画する。どのキャンプグランド/キャンプサイトに滞在するかは、Backcountry User Area Mapで確認する。

やたらと文字が多く分かりづらいかもしれないが、重要なのは最初のページの右上の表だ。まずはCode(コード)とUse Area(場所)。これは許可証を申し込む際に必要。Mgmt Zone(Management Zone)は管轄ゾーンであろうか。そして最後にCamping Type(キャンプタイプ)だ。

グランドキャニオンで最初のバックパッキングという場合は、交通量が多く、メンテナンスされたトレイル、そして水道があるCorridorゾーンが推奨されている。実際に、Indian Garden(インディアンガーデン)、Bright Angel Campground(ブライトエンジェル・キャンプグランド)、Cottonwood Campground(コットンウッド・キャンプグランド)などはすべてCorridorゾーンに位置している。

例えば、1日目はインディアンガーデン、2日目はブライトエンジェル、3日目はコットンウッドだとすると、それぞれCIG、CBG、CCGのコードが必要となる。

滞在日時と滞在場所が確認できたら、実際にBackcountry Permit Request Formに入力する。ページの一番下にあるクレジットカードの入力情報欄以外はすべてPCから直接記入できるようになっている。

一番上の個人情報セクションにすべて必要な情報を入力する。

  • Name - 名前
  • Address - 住所
  • City - 区、町、村、市
  • State - 州、都道府県
  • Zip - 郵便番号
  • Country - 国名
  • # of People - 人数
  • # of Horses - 馬の数
  • Phone - 電話番号
  • Email - Eメール
  • Trailhead Vehicles - トレイルヘッドに置いておく車のライセンスプレート
  • Organization - 組織名
  • Begining Trailhead - 開始トレイル名
  • Ending Trailhead - 終了時のトレイル名

Trailhead Vehiclesはレンタカーの場合はわからないので空欄にしておく。また、該当しない場合は、N/Aと入れておけば問題ない。

次にその下のFirst ChoiceSecond ChoiceThird Choice欄を埋める。それぞれ第一希望、第二希望、第三希望まで書くことができる。

秋や春など気候がマイルドな時はかなり込み合うため、できれば第二希望以降もきちんと書いておいたほうがいい。

まずは、日付を入力する。月/日/年の順に入力するので、2012年4月28日の場合は、4/28/12と記入する。そしてUse Area or Campsiteをクリックするとリストが表示される。例えば上記のように初日はインディアンガーデンに滞在する場合は、CIG, Indian Gardenを選択する。2日目と3日目も同様にそれぞれ滞在する日付とキャンプグランドを指定する。

その下にあるAdditional Choicesセクションは、もし記入した第一希望から第三希望までの希望が通らなかった場合、バックカントリーオフィスにどのように対応してもらいたいかを記入する。

  • Campsite - キャンプサイトの変更
  • Trip Length - 滞在日数の変更。最長滞在日数、最短滞在日数をそれぞれ入力する。
  • Group Size - これは7~11人と大人数のグループの場合のみ、グループサイズの変更。
  • Start Date - 開始日時の変更。


例えば、キャンプサイトのオプションにチェックを入れた場合、バックカントリーオフィスが日程を変更せずにキャンプサイトだけ別のサイトに移動するということになる。

Technical Canyoneering and Packrafting

これは、キャニオニアリングおよびラフティングで特別な道具を使用する場合にのみチェックを入れる。

Frequent Hiker Membership

バックカントリー許可証申請には毎回$10かかる。1年に3回以上バックカントリー許可証を申請する場合は、このFrequent Hiker Membership($25)に申し込むとお得となる。今回のみという場合は、No Thanksを選べばOK。

ここまで記入したら印刷する。

そして印刷した用紙にクレジットカード番号等を書き込む。


  • Exp. Date - カードの有効期限
  • Total Authorized Permit Cost - 合計額
  • Cardholder Name - カード名義人
  • Signature - 署名

合計額は、$10の手数料、および1人1泊$5なので、2人で3泊とすると2x5x3=$30となり、合計額は$30+$10の$40となる。

すべてを記入し間違いが無いのを確認してFAXする。FAX番号は申請書の一番上に書いてあるのでその番号に送る。

あとは希望通りの日程の許可証を届くのを待つだけだ。プロセスに2週間かかるようなので、3週間くらいをみておいたほうがいいかもしれない。

また、もし本当に希望の日程を通したいのであれば、申請できる月の1日目に申し込みするのが一番だ。基本的に早い者勝ちなので、早く送るに越したことはない。

0 件のコメント:

コメントを投稿