4/18/2012

The Subwayの許可証の取得方法

ザイオン国立公園には有名なトレイルが数多くあり、中でも人気が高いのはThe Subway(サブウェイ)らしい。

今回、数泊ザイオンに滞在する予定で色々調べてみたら、ザイオンのThe Subwayに一目惚れしてしまった。これは行かなければ!

行きたいと思える場所はたくさんあっても、モチベーションをかきたてるほど行きたいと思える場所はそれほど数多くない気がする。基本的に行きたいと思う場所は軽くリサーチをするが、そのリサーチ度合が全然違うのだ。

今までモチベーションを掻き立てられて、念入りにリサーチを行ったのはUpper Antelope Canyon(アッパーアンテロープキャニオン)The Waveで知られるCoyote Buttes North(コヨーテビュートノース)、そしてビッグベンド国立公園のOuter Mountain Loop(アウター・マウンテン・ループ)くらいだろうか。そして、今回、The Subwayもこの中に加わろうとしている。

The Subwayはバックカントリー許可証がないと入れない地域になっている。アクセスは2通りあり、Canyoneering(キャニオニアリング)スキルを必要とする方法と、ハイキングで行ける方法がある。キャニオニアリングのほうはラペルを使ったり、水たまりを泳いだりと私のような普通のハイカーにとっては難易度が高い。しかし、より景色がダイナミックなのはこちらの方法のようだ。

もう1つの方法は最終的に筒状になっているThe Subwayの場所まで歩いて行く方法である。英語では、キャニオニアリングのほうは"Access from the top"(上からのアクセス)、ハイキングの方法は"Access from the bottom"(下からのアクセス)という言い回しが使われているようだ。

しかし、どちらの方法でThe Subwayに行くにせよ、バックカントリー許可証が必要である。

ちょっとややこしいのと、忘れっぽい自分用にメモとして記述しておくことにする。

Advanced LotteryとLast Minute Drawing


基本的に、バックカントリーオフィスに前日に並ぶWalk-inシステムは2012年より廃止され、3月前から予約が可能なAdvanced Lottery、そして訪問7日前から参加できるLast Minute Drawingの2通りの方法がある。

最新情報を得るには、やはり nps.gov/zion のサイトが一番だと思う。ちなみに、2012年からウォークイン許可証はなくなったようだ。他の人のブログを見ると深夜にバックカントリーオフィスに並び、大行列ができるなどと書いてあったりするが、この方法だとせっかくのバケーションなのに時間を有効に使えない、取れるか取れないかわからないものに時間を掛けたくないというフィードバックをもとに、NPSはウォークイン許可証をLast Minute Drawing(出発直前の抽選)に置き換え、すべてオンラインで申請できるように変更したようだ。個人的にはありがたい改善点である。詳細はここに記載されている。

NPSによると、The Subway (Left fork of North Creek)のバックカントリー許可証の発行数は1日あたり80とのこと。そのうちの20はLast Minute Drawing用に別途確保されるようだ。

予約が必要なのは、訪問時期が4月から10月の間のみとなっている。その他の期間は需要が低いこともあり抽選は行なっていない。

予約が必要な4月から10月までは、訪問日の3ヶ月前からオンラインで抽選に参加できる。例えば、4月の訪問を予定している場合は、1月中に zionpermits のページにアクセスして抽選に参加する。結果は翌月の5日に発表がある。

3ヶ月前に申し込む場合は、zionpermitsAdvanced Lotteryのリンクをクリックする。そして以下の必須情報を入力する。


Resource Area: Left Fork North Creek (SUBWAY)

  • First Name: ファーストネーム
  • Last Name: ラストネーム
  • Email Address: メールアドレス
  • Number in Party: 参加人数
  • Trip Dates: Subwayに行きたい日にちを3つ選ぶ

すべて入力し終えたら、"I understand and agree..."のチェックボックスにチェックを入れて Submit Lottery Application ボタンを押せば完了だ。

当選しても落選してもメールで結果が送られるようになっている。

このAdvanced Lotteryで80のうち60が確定する。もしここで外れたとしても、残りの20スロットに再度申し込むことができる。これが、Last Minute Drawingだ。

Last Minute Drawingは訪問日の7日前から2日前の正午まで申し込むことができる。抽選は2日前の1時PMに行われるとのこと。申し込みはここからできる。

また、もし空きがない場合でもキャンセルが出る可能性はあるので、このページに頻繁にアクセスしたらもしかしたら空きが出るかもしれない・・・?

自分も来月申し込んでみようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿