5/22/2012

金環食2012を見て

今回、初めて日食を見た。
このためにオースティンからアルバカーキーまで飛び、
さらにそこから車でキャニオン・デ・シェイ・ナショナルモニュメントまで走った。

2泊3日の短い旅で、フライトやレンタカーなど出費は出てしまったけど、見る価値は大いにあったのではないかと個人的には思う。

レンズは望遠レンズが無いため、広角~標準レンズを使用してインターバル撮影と決めていた。事前に太陽が沈む場所を確認し、当日は三脚2台をセット。

30分前にカメラやフィルタなどをセットして、日食が始まってからはソーラーグラスをかけて日食鑑賞。D7000は1分おき、DP1xは5分おきにシャッターが切れるように設定した。

1分毎に、D7000のシャッター音が聞こえる。液晶画面に写る写真をチラッと確認する。

今回は、ND5のバーダーソーラーフィルムを使っていたので、設定はF8、露出は1/500、焦点距離は52mmにした。

太陽がだんだんと欠けていく様子を実際に見るのはとても不思議な感じがした。手前に見えるのが月。たまにメガネを取るも、周りは普段と変わらない明るさだ。

太陽がリング状になったときは、みんな感動していた。

しかし、そのあとは、「私の撮った写真を見て~!」とかそんな感じで、太陽を見ている人はあんまりいなかったように思う。

私は最後までメガネをかけて、太陽が遠くのメサに沈んだあともオレンジ色に染まる地平線を満喫した。こんな不思議で稀な自然現象を見ることができて、とっても満足な1日だった。

Sliding House Overlookにて

0 件のコメント:

コメントを投稿