5/12/2012

ソーラーフィルタを使って金環食の予行練習

この間、ソーラーフィルタを作ったものの、その後強風大雨に見まわれ、分厚い雲がテキサスを覆い、全くと言っていいほど試し撮りができなかった。

今日も雲が多く、ほぼ1日中曇。

しかし、夕方になって雲が減り、太陽が雲を出たり入ったりしているので、Nikkor 16-85mmに77mm用のステップアップリングとソーラーフィルタを取り付けてみた。

露出をどうするかなのだけど、これはNASAのページにある表2を参考にした。設定はマニュアルフォーカス、ISO 100に設定し、絞りはF8。アストロソーラーフィルタはND 5.0なので、2つめの表の"Partial - 5.0ND"の行を見るとシャッタースピードは1/500となる。金環食の撮影は、部分日食と同じ方法らしい。

設定を済ませて、フォーカスを合わせパシャッ!

85mm/F8, 露出時間1/500
D7000で撮影しているので、35mm換算だと1.5xなので、127mmということになるのだろうか。光の漏れもなさそうで、フィルタは大丈夫のようだ。

これを100%ズームで切り取ってみたものが以下。


こんな感じになる。NASAの露出設定のページは太陽が雲に覆われていなければ、ほぼ大丈夫そうだ。中央右下に見えるのは黒点だろうか?

あと1週間あるので雲がない日にインターバル撮影を行なってみようと思う。

2 件のコメント:

  1. 確かに右下に黒い点が写っていますが黒点なんですかね…。最初、ゴミとか拡大しすぎて画像が荒くなったのか、と思っちゃいました。黒点なんて理科の教科書でしか見たこと無いからなぁ。。。

    返信削除
  2. 構図を変えて撮りましたが、太陽の同じ場所に写るのでゴミではないと思います。

    返信削除