6/04/2012

キャニオン・デ・シェイのスパイダーロック

Canyon de Chelly National Monument(キャニオン・デ・シェイ・ナショナル・モニュメント)で有名なものの一つとして、スパイダーロックがある。

いつものように日没2時間前に行って写真を撮ったら、コントラストが激しすぎて何とも話にならないイメージが出来上がってしまった。

おかしい・・・。

グランドキャニオンは広いのもあってある程度影があったほうが立体感が出ていいと思う。キャニオン・デ・シェイではそれが通じなかった。

あまりにも面白くないので、スパイダーロックを後にして他のオーバールックを見に行った。

写真を撮るも、どれもこれもパッとしない。

困った・・・。

太陽が遠くのビュートに沈みかける寸前に、またスパイダーロックに戻ってきた。いかにも高級そうなプロレンズを持ったカメラマンが駐車場へ戻ってくる。みんな日の入前だというのにオーバールックを後にしていた。

なんだこれは?

グランドキャニオンだとこれからが見所という時なのに、みんな気にしないのだろうか?

帰る波に逆らう私。

黙々と先ほどの場所に三脚を立てて見る。

さっきまでの強いコントラストはどこへやら、岩壁に柔らかい最後の太陽の日差しが当たっている。

これだ!

日没直前のスパイダーロック

キャニオン・デ・シェイは日が暮れた後、空がオレンジ/ピンク色に染まり、その柔らかい色が岩壁に反射する時が一番いい色が出ると思う。かなり小さめのキャニオンということもあり、コントラストがありすぎると逆に奥行きがわからない写真になってしまうらしい。

このくらいが個人的には一番いいのではないかと思う。

ちょっと奮発してSingh-Ray LB Warming Polarizerを購入したのだけど、いい感じにグレアを切ってくれるし、柔らかい感じがとても気に入った。

でも、リムの上の空は色が飛んでるけど・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿