6/29/2012

空港で没収されたナイフの行方

以前、旅行した時にバックパックのポケットに入ってたナイフを没収されてしまったことがある。

いつも事前に確認しているし、この時も確認したのだけど、ウエストベルトの小さなポケットだけ確認するのを忘れていた。

セキュリティーを通過した時に、小さなナイフが出てきてビックリ。$20くらいのナイフだったけど、没収されたのはちょっとガッカリだった。

果たして、私の没収されたナイフはどこへ行くのだろうか?


通常は、オークションで売られたり、州の放出物資店で売られるらしい。テキサス州の空港で没収されたものはすべてオースティンのお店に並ぶというので行ってみることに。

ナイフ類をはじめ、その他意味不明なものまで様々なものが売られている。

何しろ山のようにあるので、その中から漁る。

ちょっと状態がいいものはショーケース内に入れてあるので、見たいものを店員に言えば出してくれる。

どうやら、ナイフ通のおじちゃんらしき人がいて、ナイフを大量に購入している。「これは普通に買ったら25ドルだ。」「このナイフはダメだ。」などなど、どこかで売る予定らしい。

Gerberナイフは大量にあり、どれも5ドル。スイスアーミーナイフ(中)は$2.50、スイスアーミーナイフ(小)は$1.00だ。再び無くしたとしても惜しくない値段である。

左から10セント、10ドル、2.50ドル、1ドル


私は、ボトル/ワインオープナー、Browningのナイフ、スイスアーミーナイフ2つを購入。これで$14だった。

しかし、「こんなものまで???」というものが店に並んでいて、いったいなぜこんなものを手荷物に入れたのかが不思議である。

2 件のコメント:

  1. この中に一度も使うこと無く没収された自分のナイスもあったんでしょうね…。
    でも、廃棄処分になるぐらいならリサイクルされた方が嬉しいかな。

    しかしビクトリノックスのナイフが日本円で数百円ですか…。安いな~…

    返信削除
  2. 結構いいコンディションのものもありました。
    テキサスにある空港から寄せ集められるのですごい数らしいですが、こうやって再利用するのもありですよね。

    返信削除