6/06/2012

The transit of Venus - 金星の太陽面通過 2012

次に起こるのは105年先ということで、このチャンスを逃すまいと意気込んでいたのにも関わらず、日本のニュースで追っていたのもあり、アメリカでも6/6に起こるのだと最後まで勘違いしていた。

運良く当日Facebookで6/5だと知ったものの、6時PMから鍼治療が入っていたため、家に戻る7時PM後から見るはめに。

急いで家に戻り、カメラ一式、金環食で使用したソーラーフィルタ、ソーラーグラスを取って、いつもの家の側の公園まで車を走らせる。

ちょっとした高台まで歩いてカメラにソーラーフィルタを取り付けて1枚!

Nikon D7000, Nikkor 105mm/F2.5, F8, 1/500
お!

ちゃんと写っている!

ソーラーグラスで見ると、本当に「テン」にしか見えず負うのも大変だけど、ちょっとしたズームを搭載したカメラであれば金星が通過しているのは明らかだった。

日食の時みたいに太陽が欠けることもなく、移動距離もそんなに大きくないためインターバル撮影はやらなかったけど、こういうイベントを運良く体験できたことがうれしかった。

到着してから15分くらいで太陽は地平線に浮かぶ分厚い雲の中に隠れてしまい、金星の太陽面通過はこれにて終了。

鍼治療を早めに終わらせてもらってよかった・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿