7/29/2012

$100 Burger - Brenham空港

今日、初めて友達を乗せて、ジョージタウンから45分くらいのブレナム空港までランチに行ってきた。滑走路のすぐ横に、Southern Flyer Dinerというレストランがあり、飛行機で行っても気軽にランチを食べれる場所である。

このレストランは50年台風にできており、ウェイトレスはプードル・スカートをはいていて、面白い雰囲気を醸し出している。


今回もいつもの訓練機であるトマホークで行く事にした。トマホークは重量制限が他の機体よりも厳しいことから使う人はあんまりいないため、今日も1日中空いていたので10:00AM~3:00PMまで予約を入れる。

ナビログはForeFlightでも作れるけど、念のためいつものように計算もしておいた。紙のコピーも持ち、セクショナルチャートもヒューストンのは期限切れだったけど持って行く事にした。

iPadに入っているForeFlightはかなり便利で、ナビログの作成とフライトプランのファイルはもちろんのこと、ブリーフィングまで行える。また、空港での燃料の値段なども出て、かなり愛用しているアプリの1つだ。


スクールに到着して、機体のディスパッチをしてもらい、プリフライトチェックを行う。念のためオイルも持って行く事にした。燃料を満タンに積んで、いざブレナムに向かって離陸!3500ftでクルージング。フライトプランをファイルして、セクショナルと比較しながら飛行する。ここは友達がナビを手伝ってくれて本当に助かった。

このダイナーには過去にデュアルのクロスカントリーで1回来たことがある。その前には車でブレナムに出向いた時に友達とランチをしたこともあるので、実はこれが3回目。

しかし、$100 Burgerを目的に来たのは今回が初めてである。

$100 Burger
というスラングがジェネラル・アビエーション(GA)にはあり、ランチをするために高いレンタル料や燃料代を払って食べるハンバーガーという意味でこのように呼ばれている。とっても高級なハンバーガーだ。

空港の10マイル地点でアナウンス。空港の上を横切り、レフト・ダウンウィンドに入り着陸準備。滑走路は狭く、幅は75ftしかないのだけど何とか着陸成功!

飛行機から出てみると・・・暑い・・・。

まずはその中にあるFBOでフライトフランを閉じる。その後ダイナーに入ってみるとほぼ満席状態で、飛行機もかなり駐機されている。

いつもの?ハンバーガーを頼む。ここはミルクシェークも美味しいのだけど、私は乗り物を乗る時はミルク系のものを飲むと若干酔いやすくなる気がするので、ここは遠慮して水とハンバーガー。

ハンバーガーは美味しくいただいた。しかし、今度は別のものを頼んでみようと、ふと思う。

ゆっくり食事を楽しんだあとで、駐機されている飛行機を一つ一つ見る。Piper Cubが多かった気がした。

駐機エリア。混み合っていた。

それにしても、暑い!まさに真夏のテキサスという感じ。機内の温度計は120Fを指している。プリフライトをさっさと済ませ、燃料が十分にあることを確認して、RWY 16を離陸する。帰りは4500ftまで上昇!ここらへんでやっと機内の温度が80Fに落ち、ほどほど涼しくなった。

この日はガスっていたのか視界は悪かった。ジョージタウンに近づいても、湖がほんの少し見えるだけで空港がいまいち分からない。

8マイルほどで空港発見!ここからはいつもの感じ。RWY 18の着陸クリアランスをもらい、無事にホームベースに戻ってきた。

いつも思うのは、「今回も無事に戻ってこれた」である。なぜかわからないけど、「生き残った」感がある。まだ慣れないからなのかもしれないけど・・・。

こんな怪しげなペーパーパイロットと一緒に来てくれた友達にも感謝。私だったら・・・乗りたくないかも(笑)。

というわけで、早速パイロットとしてちょっぴり楽しんだ1日だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿