7/12/2012

西部テキサスドライブ旅行 2012.7.3 - Balmorhea State Park

カラッとした空気、息を飲むほどの美しい夕陽、どこまでも続く大地、満点の星空。ぱっと見は何も無さそうなのだけど、実はその中に隠された美しさがある場所が西部テキサスだと思う。>



今回は、ドイツ人同僚Elmar、彼の奥さんのDevon、日本人同僚のKさんと4人で行く事になった。ただし、私の車はコンパクト車でキャンプ用品を詰め込むと後部座席は荷物置き場となってしまうので、車2台で行く事にする。

今回の予定は、Balmorhea State Park(バルモレイ州立公園)でスノーケリング、Guadalupe Peakへのハイキング、Carlsbad Caverns National Park(カールズバッド洞窟群国立公園)のレンジャー引率ツアーに参加、そして最後に砂丘でキャンプという感じにした。

連休前はいつも早めに退社できるので、3時ぴったりに会社を出た。若干渋滞に巻き込まれたものの、特にストレスを感じることもなくスムーズにUS-290に合流する。一旦US-290に乗ってしまえば安心だ。

この日の目的地はBalmorhea State Park(バルモレイ州立公園)。オースティンからは7時間弱の距離にあり、水が湧き出ていてちょっとしたプールになっている。水温は年間を通して一定で、透明度も高くスキューバダイビングができるほどだ。周りは砂漠に囲まれ、まさに砂漠の中のオアシス状態で夏場は結構混み合う。

Ozona(オゾナ)のStripeというガススタで休憩し、Fort Stockton(フォート・ストックトン)を通過、そしていよいよBalmorheaの町がある出口でフリーウェイを降りる。

西部テキサスは砂漠地帯ということもあって、日が暮れると一気に気温が下る。窓を開けると、ひんやりした空気が車のなかに入ってきた。

しかし、ものすごい数の鳥が低空飛行してくる。それも車に体当たりするかのような飛び方で冷や汗をかいた。危うく鳥が車の中に入ってきそうになったり、ウィンドシールドすれすれだったり、若干車に当たった鳥もいた。怖いので、バルモレイ州立公園までノロノロ運転。

10時PM、公園に到着。ビジターセンターのすぐ手前にある掲示板にキャンプサイト情報が載っていた。予約していたので、私の名前とサイト番号がしっかり書かれている。今回のキャンプサイトは15。

バルモレイのキャンプサイトは、電気が使えるサイトと水のみのサイトに分かれる。どちらのサイトも大きめの屋根とピクニックテーブル、ファイヤーリング、そしてグリルが付いている。トイレとシャワーはキャンプサイトの真ん中にあり、それを囲うようにサイトが配置されているので、どこのサイトからもトイレにはアクセスしやすいようになっている。

日の入り時間はオースティン付近では8時半PMだけど、西に走ったのもあり日の入りは9時近かった。着いた頃はまだ若干明るかったのと、満月だったのもあって、ヘッドライトは使わずにテント設営。

キャンプ用の椅子を出して涼んでいるとElmarとDevonが到着。Elmarはシングルサイズのエアマットレスとそれが入る6人用の大きなテントを購入。みんなで設営する。でかいテントだ・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿