8/30/2012

8/16/2012 - ダートロードでスタック

雨が降ると、ダートロードが「4WDでも通過不可(Impassable)」になってしまうことは、南部ユタのレンジャーステーションに行けば必ずと言っていいほど1回は耳にする。

しかし、「通過不可」とはどのような状態を意味するのかは、いまいちわかっていなかった。きっと、雨が降ってドロドロ、グチャグチャになるのだろうな・・・くらいにしか考えていなかったと思う。

8/16の日は、エスカランテからカナブへの移動日だった。エスカランテを出る前に、ちょっとUT-12を北に走りCalf Creek(カルフ・クリーク)を一望できる場所まで行ってみる。

カルフ・クリーク付近


8/29/2012

8/15/2012 - Hole in the Rock Roadの果て

いよいよ旅も中盤に差し掛かった。1日があっという間に過ぎていく。この日は、エスカランテの4.5マイル東から出ているHole in the Rock Roadをひたすら進んでみることにした。そして帰り道にDry ForkでPeek-a-boo(ピーカブー)、Spooky(スプーキー)、Brimstone(ブリムストン)の3つのガルチを歩く。

総距離55.3マイルもあるこのダートロードは、その昔モルモン教徒によって切り開かれた道路である。総勢250人、83台のフルサイズワゴン、1000頭以上もの家畜による開拓だったようだ。

このHole in the Rock(岩の穴)と呼ばれている所以は、道路を走り切ったところにあるV字型の細い割れ目から来ている。このV字の割れ目からは真っ青なLake Powell(レイク・パウウェル)が姿を現し、ちょっと感動的なスポットでもある。


8/28/2012

8/14/2012 - はじめてのエスカランテ

朝日を狙ってブライスキャニオンに行く予定だったのだけど、ここは一人旅。好きなように時間を使うことにする。

昔は多少若かったのもあり、結構無理することもあったのだけど、最近は運転もスピード出さなくなったし、行動はゆっくり、滞在型の旅行スタイルを好むようになってきた。

この朝もゆっくりスタート。それでも7時AMには起きて、3日間お世話になったアリの巣と化しているキャンプサイトを後にする。ゆ~っくりと公園内を楽しむ。朝早いので、日差しが柔らかく、岩壁に当たる色がほんわかしている。すごく久しぶりにチェッカーボードメサにも寄ってみる。

朝日に照らされるCheckerboard Mesa

8/27/2012

8/13/2012 - ザイオン・ナローズを歩く

8:30AMにビジターセンター前のシャトルバス乗り場で待ち合わせだったのだけど、朝はTowers of the Virginの写真撮影に出かけることにする。

Towers of the Virginはビジターセンターから一駅のところにある、Zion Human History Museumから見ることができる。シャトルでしか行けないとばかり思っていたら、実はここまでは車でも入れることをあとで判明。

ビジターセンターでシャトルを待つこと20分。周りにはいかにも「ナローズを歩きます!」的な格好をした人たちが山ほどいる。こんなに早くからTemple of Sinawavaまで行ってナローズを歩くのかと、少しばかりビックリ。

Zion Human History Museumに到着すると、すぐにMuseumの裏に周る。目の前にはTowers of Virginが見え、すでにカメラマンが4人、三脚を立ててスタンバっている。三脚を置く場所がもうないかも。しかし、まだ陽はあたっておらず、本格的な撮影はしていないようだ。

まだ薄暗いうちに到着


8/26/2012

8/12/2012 - 念願のSubway

ウェブに載っていた写真に一目惚れし、是非見てみたいと思ったので、抽選で申し込んだら第一希望がすんなり通ったので、8/12の日曜日に行ってきた。

片道4マイル、往復8マイルのトレイルだけど、トレイルというトレイルはなく、基本的に川を渡ったり、川の側を歩いたりといった感じである。

キャニオニアリングの難易度は低いので、ロープさえあれば何とかなるらしいけど、今回はボトムアップできた道を引き返す方法にした。本来であれば、上から下までのトップダウンが一番景色がいいらしい。60年代とみられる方々もハーネスつけて降りてきていたので、私にもできるはず。これは次回の楽しみに取っておく。


8/11/2012 - ザイオン国立公園へ向けていざ!

10日の前日、アメリカン航空から電話があった。

翌日、AUS-LAX、LAX-LASの2レグで飛ぶ予定だったけど、どうやらAUS-LAX便が3時間遅れるようだった。自動的にLAX-LAS便は乗れないことになり、その場で便を変更したりすると荷物が行方不明になる確率も高いので(経験済み)、チケットを取り直すべくAAに電話する。

遅れる理由を聞くと、東海岸で天気が荒れているため、客室乗務員が集まらないらしい。他の便に変更したいと告げると、到着時間は早くなるけど、DFW経由があるというので最後の一席をすぐに抑えてもらった。

翌朝、空港でチェックインすると、窓側の席、さらには預け荷物も無料になっている。こういうサービスがとてもうれしい。窓側でもうれしいのに、Exit Rowになっていたため足元のスペースはかなりゆったり。

DFW-LASのレグでは、隣にパイロットのおっちゃんが座っていて、色々と話しながら時間を過ごす。また、このレグはグランドキャニオン上空を通過するようで、景色も大いに楽しんだ。Lake Meadが見えてくるとラスベガスの町が現れてくる。

上空から見るグランドキャニオン


2012年ユタの旅 - プロローグ



グランドサークルは大好きなエリアで、何度も足を運んでいる。

同じ場所に足を運んでも、いつも違う景色を見せてくれる。砂漠地帯の朝日や夕焼けは格別で、それだけでも行く価値があるのではないかと個人的には思っている。


8/08/2012

金星食の場所と時刻 - Occultation of Venus

金星食が8/14に起こるらしい。

いつものようにググったところ、以下のような表にたどり着いた。

http://www.lunar-occultations.com/iota/planets/0813venus.htm