12/20/2012

11/11/2012 - Lost Maplesで紅葉狩り

最終日はGarner State Park(ガーナー州立公園)からLost Maples State Natural Area(ロストメープルズ州立自然区)へ寄ってハイキングをした後、オースティンへ戻る予定でいた。

紅葉ピーク時のLost Maplesは凄まじいものがあり、アメリカ人もここまで並ぶのかというくらい車の大行列ができる。規模が小さいこともあり、駐車場はせいぜい数百台しか入らない。そのため、10時くらいまでに公園に入らないと、ひたすら駐車の空きスペースを求めて並ぶことになる。

8時半AM頃までにはLost Maplesに到着したかったのと、Garnerからは45分ほどかかるため、この日は6時起きにした。

起きて早々、テントを片づけマフィンとコーヒーで朝ごはんを素早く済ませる。そして7時半頃にはGarnerを後にした。

Lost Maplesまでの道のりは、US-83を北上してLeekyという小さな町を通過して、RR 337を右折して、ちょっとした山道の登りに差し掛かる。この辺りは、ヒルカントリーの中でも特に美しい場所だと個人的には思う。標高差がほどよくあり、紅葉樹も多く、景色がいい。長い下りを下りきるとストップサインがあり、ここを左折、RR 187を北上してすぐに左手にLost Maples State Natural Areaがある。

着いたのは8時ちょっと過ぎだった。すぐにビジターセンターに寄り、入園料を払う。ここで、紅葉したメープルの可愛いマグネットを購入。以前はピンバッジを集めていたのだけど、ピンバッジは止めるところがあまりないので、最近は冷蔵庫に気軽に貼り付けられるマグネットを集めている。

そして早々と駐車した後、駐車場の一番奥から始まるMaple(メープル)トレイルからスタート。この日は予定ではMapleトレイル、East(イースト)トレイル、そしてWest(ウェスト)トレイルと続くループを歩くことにした。合計で8マイルちょっとある。

こちらがLost Maplesのハイキングトレイルである。


最初は川沿いを歩くのだけど、水が澄んでいてとてもキレイだった。紅葉はレポートではピークと書かれていたけど、実はあと1週間待ったくらいがピークだと感じた。色はいまいちで、ピーク時にキレイに紅葉する木々はまだ青々としていた。


それでも、紅葉している木々もあり、それはそれでキレイだった。この辺りは黄色になる木々は少なく、殆どがメープルである。


しばらくすると、川から離れ、登り坂となる。距離も標高差もそれほどではないので、ゆっくり進めば全然問題ない。登り切るとしばらく平らな道となり、オーバールックとの分岐点となる。

この辺りでは、Monarch Butterfly(モナーク)という蝶々をたくさん見かけた。この蝶々は冬超するためにメキシコに渡る途中で、ちょうどテキサスにいたようだ。この白い花からは甘い匂いが漂い、たくさんの蝶々が止まっていた。



蝶々を楽しみながら、上からの景色も満喫する。下を見るとEastトレイルとWestトレイルの合流地点が見える。



そして、また砂利道の急な下りとなる。そしてPrimitive Campsite Cがある池の側に出る。いつかはここでキャンプしてみたいのだけど、バックパッキングになるし、何しろこの時期は混むので時期をずらして来たいものだ。

ここで、みんなでお昼ごはん。この日はベーグルにツナを乗せていただいた。池がキラキラと反射しつつも、水は透き通っていて水の下に生えている藻らしきものが見える。

友達二人は犬を連れていたこともあり、Spring(湧き水)の場所まで行って引き返すことに。ただ、湧き水と言っても岩からシトシトと静かに水が流れて、ちょっとした水たまりに流れるだけで、あまり大した見どころではない。

それでも、以前別の友だちと来た時に、途中で水がなくなり、そのまま水を飲んだことがあったのだけど、その友だちは体調をくずすこともなくピンピンしていた。なので、ここの水は本当にキレイなのだと思う。私は怖くて飲めなかったけど・・・。

いつもは、Eastトレイルのほうが紅葉しているのだけど、今年はWestトレイルのほうがキレイに紅葉していた。


もう何度も来ている場所なので、どの木がどんなふうに紅葉するのか大体予測がつく。MapleトレイルとEastトレイルは比較的人が多いのだけど、Westトレイルは人も少なくて自然を満喫するにはもってこいのトレイルだ。


水面に落ちた様々な色の葉っぱもまた風情があって気に入った。オレンジ、黄色、青、紫と色とりどりだ。

紅葉を見て写真を撮りながら、ゆっくりペースでハイキング。


上ばかりではなく、下にも面白い絵になるものがたくさんある。あっちを見たり、こっちを見たりとなかなか忙しい。


同じ木が周りにあるのに、なぜか一本だけ紅葉しているというのも不思議である。


トレイルの終わりに差し掛かると、逆方面から歩いてくるハイカーが多くなってきた。駐車場付近の大きなメープルの木はまだ青々としている。2009年の紅葉は見事なくらいにキレイだったのだけど、その時はこれらの木も真っ赤に紅葉していた。

紅葉には気温が大きく関係しているようで、干ばつが続くと色が出ないというのは本当ではないらしい。何回か氷点下近い気温になれば色がキレイに出ると書いてあった。

しかし、去年、今年と雨量が少ないのも、多少は影響しているのではないかと思う。枯れている木も多かったし、色もやっぱり2009年と比較すると物足りない感があった。

3時PM、無事に8マイルのループを歩き終えた。まだ公園の外で待っている人がいるらしく、駐車スペースが空くと、どんどん車が入ってくる。

ちょっと一息着いた後、そそくさと公園を後にしたのであった。

今回は久々にGarner State Parkでのハイキングも楽しめたし、ダッチオーブンでの料理も初挑戦できたし、紅葉も見れたしで楽しい2泊3日のキャンプだった。

来年は、是非雨がいっぱい降って、もうちょっとキレイな紅葉を見せて貰いたいものである。もしくは、ちょっと遠出をしてGuadalupe Mountains National ParkのMcKittrick Canyon(マックキトリック・キャニオン)、もしくはアーカンソー州にあるOzark National Forest(オザーク国有林)にも足を伸ばしてみたい。

2 件のコメント:

  1. 紅葉の写真、アート作品のような写真に見とれました。どれもとてもきれいに写っていますね。腕前拝見です!
    さとこさんは写した写真をどのように楽しまれているのでしょう。

    返信削除
  2. ありがとうございます!
    写真は、撮ってPCに移したあとそのまま放置です。気に入ったものは印刷しようかな~って思ってますが、実は印刷したことってほとんどありません・・・。

    何かいいアイディアないですかね?

    返信削除