9/20/2013

8/28: いざフェアバンクスへ!

今回のアラスカ旅行は、実は1年前から決めていた。ツンドラが真っ赤に紅葉している写真を見て飛びつき、そのままためらいもなく航空券を予約。

ちょうどきれ~いにツンドラが紅葉してました

アラスカはアメリカ国内なのに、海外旅行並のチケット代で払えなかったのもあり、今回はマイレージを使うことに。

9/13/2013

アラスカ旅行 2013 プロローグ

果てしなく続く大地、真っ赤に染まるツンドラ、満点の星空を舞うオーロラ、壮大なマッキンリー山。これらを見るために、アラスカまで行ってきた。

雨から始まり、雨で終わった今回の旅行。2週間の滞在で、雨が降らなかった日は1日もなかった。しかし、若干天気に左右されながらも、見たいものは全部見れたと思う。

最後の晩に見たオーロラ。肉眼でも十分美しかった。

真っ赤に染まるツンドラの紅葉、真っ青な氷河、そしてその氷河の上に見渡すかぎり広がる氷原、津波のような海嘯(かいしょう)、広大なアラスカ州を南北に走り抜けるトランス・アラスカ・パイプライン、それに並行して走る悪路として知られるダルトンハイウェイ、そして満点の星空をかざるオーロラ。

デナリ国立公園の紅葉。この日が一番天気がよかった。

雨が降っていたせいで、カメラを取り出すチャンスがあまりなかったものの、これから少しずつアラスカで見たものを写真を交えてブログに書いていこうと思う。

予定が変更になったりもしたけど、それも旅の醍醐味。今回も大満喫の旅だった。

7/28/2013

Natural Bridge Caverns

テキサスに来てビックリしたのは、比較的数多くの鍾乳洞があることだ。

オースティン市内では、Inner Space Cavernがアクセスが良く、なかなか見応えがあるので、友達などが来る場合は大抵案内している。ダウンタウンからI-35を北上して30分ほどだ。

その他にも、Long Horn Cavern State Parkや、Caverns of SonoraDevils sinkhole State ParkCave Without a Name、ニューメキシコとテキサス沿いの巨大な鍾乳洞、Carlsbad Caverns National Parkなどがある。

今回は、オースティンとサンアントニオのちょうど中間地点にある、Natural Bridge Cavernsに足を運んでみた。

7/25/2013

久々にコウモリ見学

毎年行こうと思いつつも、すっかり忘れてしまっていたので、
思い出したようにコウモリを見に行くことにした。

見れる時期は3月から10月くらいまで。

毎日見れるけど、いつ飛び立つかはコウモリ次第。

たまに日の入前に出てきてくれることもあれば、真っ暗になってから出てくることもある。


1/20/2013

Fredericksburgでランチ

同僚がプライベートパイロットライセンス(PPL)に興味があるというので、一緒に飛ぶついでにランチに行くことにした。

今回の目的地はFredericksburg(フレデリックスバーグ)の町の南西にあるGillespie County Airport(ギレスピーカウンティ空港)である。

この空港には滑走路の横にダイナーとホテルがある。ダイナーの料理はいまいちだったけど、滑走路を離着陸する飛行機を眺めながらゆっくりブランチという過ごし方は、ある意味アメリカっぽくて好きだ。

1/07/2013

11/21/2012 - ビッグベンド国立公園: 砂漠での虹

国立公園や大自然の中でキャンプをすると、どうしても夜早く寝てしまうので、起きるのも自動的に早くなる。この日も日の出前に目が覚めた。

若干雲は出ているものの、天気はよさそうだ。それほど寒くもなく、地平線から登る日の出を待つ。

地平線から登る太陽

1/01/2013

11/20/2012 - ビッグベンド国立公園: 1年ぶりのサウスリム

辺りが薄暗くなってきた頃、自然に目が覚めた。日の出はまだのようで、外はひんやりしている。この日は1日かけてSouth Rim(サウスリム)を歩く予定だった。

やはりビッグベンドに来て行くべきところはサウスリムである。ただし、合計14マイルと距離が比較的長いので、私のペースだと休憩も入れて8時間かかる。

起きてすぐに朝食の準備。いつものようにオートミール2袋とドライフルーツ、ナッツ、そしてコーヒーである。準備をしていると、太陽がSierra del Carmenから登ってきた。